9月12日(日)までの対応について

〜市立小・中学校及び義務教育学校、市立幼稚園・保育所・放課後児童クラブ〜

本日(8月27日)、大井川知事が記者会見を行い、県内の新型コロナウイルスの感染状況が、感染力の強い変異株の影響で急激に悪化している現状を踏まえ、8月31日(火)までとしていた茨城県非常事態宣言を9月12日(日)まで延長することを発表しました。

この会見を受けて、本市では、9月1日(水)から始まる市立小・中学校及び義務教育学校について、別添のとおり、原則、自宅学習といたします。また、市立幼稚園についても、これに準じ、原則、休園といたします。
一方、市立保育所及び放課後児童クラブについては、国及び県の指針に基づき、原則、開所といたします。
新型コロナウイルスの感染状況が、日々変化している中、一日も早く、かつての日常を取り戻すことができるよう、市民の皆さまへの必要な情報を適切かつ迅速に発信するとともに、国や県と連携を密にし、感染症対策に積極的に取り組んでまいりますので、引き続き、皆さまのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

令和3年8月27日 土浦市長 安藤 真理子

This entry was posted in News. Bookmark the permalink.