森山直太朗さん、真鍋小学校で(さくら)を唄う

TBS番組「カウントダウンTV」で、桜🌸が咲き誇る土浦市立真鍋小学校の校庭から生中継があり、歌手森山直太朗さんが名曲さくら(独唱)を熱唱しました!

新型コロナウイルスの影響で、卒業式の規模が縮小され、卒業生や保護者の皆様は寂しい思いをされたことと思いますが、真鍋小学校卒業式の退場曲である「さくら」を樹齢110年を超える桜の前で熱唱する森山さんの歌声は、それぞれの道に進む子供たちにとって何よりのプレゼントだったのではないでしょうか。そして、感染拡大防止のため不要不急の外出の自粛が求められている中、素晴らしい真鍋の桜をテレビで見ることが出来たことは、私たち土浦市民とって誇りであり、大変有意義なことだったと思います。

本日、志村けんさんがお亡くなりになるという悲しい知らせがありました。感染拡大を防ぎ一刻も早い収束を願い、市民一丸となってこの困難を乗り越えていきましょう。

市民の皆様には、引き続き感染拡大防止と早期収束に向けた取り組みへのご理解、ご協力をお願いいたします。

https://mobile.twitter.com/naotarooff…/…/1244582253113430020

作詞:森山直太朗
作曲:森山直太朗
僕らはきっと待ってる 君とまた会える日々を
さくら並木の道の上で 手を振り叫ぶよ
どんなに苦しい時も 君は笑っているから
挫けそうになりかけても 頑張れる気がしたよ

霞みゆく景色の中に あの日の唄が聴こえる

さくら さくら 今、咲き誇る
刹那に散りゆく運命と知って
さらば友よ 旅立ちの刻 変わらないその想いを 今

今なら言えるだろうか 偽りのない言葉
輝ける君の未来を願う 本当の言葉

移りゆく街はまるで 僕らを急かすように

さくら さくら ただ舞い落ちる
いつか生まれ変わる瞬間を信じ
泣くな友よ 今惜別の時 飾らないあの笑顔で さあ

さくら さくら いざ舞い上がれ
永遠にさんざめく光を浴びて
さらば友よ またこの場所で会おう
さくら舞い散る道の上で

This entry was posted in News. Bookmark the permalink.